スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
児童扶養手当・特別児童扶養手当について
●児童手当 
児童手当は、中学校修了前までの子どもを養育している人に支給されます。
次代の社会を担う児童の健やかな育ちを社会全体で支援することを目的としています。

●児童扶養手当
離婚その他法令に定める理由により、父または母と生計を同じくしていない18歳到達後最初の年度末までの児童(児童に政令で定める程度の障がいがある場合は、20歳未満の児童)を育てているひとり親家庭などに支給。
■手当月額
※平成26年4月から次のように改定される予定です。
1人目 41,020円から9,680円(所得額等により変動します)
2人目 5,000円
3人目以降 1人増えるごとに3,000円
〈認定請求〉
お住まいの市区町村の担当窓口で、必要な書類等を確認・相談のうえお手続きください。
〈手当の支給〉
認定されると、申請月の翌月分から支給され、4月・8月・12月の年3回支給されます。
〈支給期間などによる支給停止制度〉
受給開始から一定期間経過した方は、一部支給停止適用除外の手続きが必要です。対象となる方には、市区町村より事前に連絡があります。この手続きを行わなかった方は、手当の2分の1の額が支給停止となる可能性があります。

●特別児童扶養手当
20歳未満で、政令で定める障がいの状態にある児童を育てている父母(主として児童の生計を維持するいずれか一人)等に支給。
■手当月額
※平成26年4月から次のように改定される予定です。
1級 49,900円  2級 33,230円
障がいの程度に応じて、重度のものから1級および2級とし、手当額が異なります。
〈認定請求〉
お住まいの市区町村の担当窓口で、必要な書類等を確認・相談のうえお手続きください。
〈手当の支給〉
認定されると、申請月の翌月分から支給され、4月・8月・11月の年3回支給されます。

児童扶養手当、特別児童扶養手当の受給資格や認定基準については、各市区町村窓口または府家庭支援課までお問い合わせください。(児童が施設等に入所していたり年金を受給できる時は、対象外になる場合があります。また、手当額は前年の所得額等により支給制限されることがあります。)

<大阪府発行 府政だより3月号より抜粋>
歯周病の進行を防ぐ歯磨き
歯周病が進行すると、次のような症状が出てきます。
・歯が浮いたように感じる
・歯磨きの時に出血が多くなり、膿も出る
・歯がグラグラしてくる
・噛み合わせると痛い
この様な自覚症状が出ると、歯科医院への早めの受診をお勧めします。
では、歯周病予防はどうすれば良いのでしょう?
歯周病は「生活習慣病」と言われるように、大切なのは毎日のセルフケア(自己管理)です。毎食後の歯磨きを実践しましょう。特に、就寝前の歯磨きは大事で、10分程度かけて、力を入れず、丁寧に、歯を1~2本ずつ位を目安に順序よく磨いてみましょう。「10分も磨けない」という方は、テレビを見ながらや本を読みながら、などの「ながらブラッシング」がお勧めです。
歯ブラシの届かないところは、「歯間ブラシ」や「フロス(糸ようじ)」を使っての手入れが必要です。歯間ブラシやフロス(糸ようじ)の使い方は、かかりつけの歯科医院で教えてもらうと良いでしょう。

【歯磨きのポイントと歯ブラシの選び方】
・歯ブラシの毛先を、歯と歯ぐきの境目にあてて磨く
・軽い力で磨く(鉛筆を持つようにすると力を軽減できます)
・歯と歯ぐきの境目や、歯と歯の間の歯垢(プラーク)を、歯ブラシの毛先で擦り取るように「意識して」左右に細かく磨く
・1歯ごと丁寧に磨く
・歯周病の方は「やわらかめ」の歯ブラシを使う
・歯並びの悪い方は、歯ブラシをタテにして1本ずつ磨く
・歯の隙間が空いている方は、歯間ブラシの併用が効果的
・歯ブラシは、後ろから見て毛先がはみ出していたら新しいものに交換しましょう

Copyright © 健康と病気について~ニュースより~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。