スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
再診時の「5分ルール」が撤廃へ

11月7日付の朝日新聞、毎日新聞によると、再診が5分以上でないと加算されない、いわゆる「5分ルール」を、厚生労働省が来年度の診療報酬改定で廃止する方針だと いう。

これまで、再診で処置や検査をする必要がない患者に、医師が問診やアドバイスだけした場合、 「外来管理加算」として520円が請求できた。
だが、2008年度の診療報酬改定により「5分以上の丁寧な診察」が要件とされ、外来管理加算の申請が厳しくなった。これは、外来管理加算を縮小して、浮いた財源を勤務医の負担を減らすために使うという目的だったが、実際には1日の診察患者数に限界が生じ、医師の収入源へとつながった。

医療機関側はこの5分ルールを撤廃するよう求めており、民主党もマニフェストに5分ルールの撤廃を盛り込んでいる。


 


Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 健康と病気について~ニュースより~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。