スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年度末に後期高齢者医療制度を廃止ヘ

新制度移行まで約3年半!

厚生労働省は、現行の後期高齢者医療制度を2012年度末に廃止し、2013年度から新制度に移行させる考えを明らかにした。


民主党政権となり、厚労相に就任した長妻昭氏は、就任直後から後期高齢者医療制度を廃止する考えを打ち出していた。
しかし、新制度ヘ移行するには、保険料徴収の窓口となっている市町村のシステムを大改修しなければならず、新制度実施までに約3年半かかる。新制度では、年齢区別の撤廃や、急激に保険料の負担が増すのを避けることなどが基本方針となる。

なお、新制度に移行するまでの問、低所得者の保険料軽減など、現在行われている負担軽減措置は続けられる見込みだ。
来年度は2年ごとの保険料改定の年だが、公費投入により保険料の上昇を抑える案も検討されている。


 


Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 健康と病気について~ニュースより~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。