スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帯状疱疹の患者が増加、「50代以上」「女性」が要注意

 幼児期には「水ぼうそう」として発症する水痘・帯状疱疹ウイルス。その患者が増加していることが、4万8388人の患者を対象にした宮崎県皮膚科医会による大規模調査で明らかになった。10月9日付の日本経済新聞が報じた。

人口1000人あたりの帯状疱疹の患者数は、1997年には3.60人だったが、2006年には4.55人と約26%増という結果になった。
年代別では50代以降に発症するケースが多く、発症率は50代が523人、70代が7.84人、80代が6.93人で、40代まででは平均2.41人だった。また男女別の発症率については、男性3.67人、女性は458人で、40代以降から男性に比べて女性の発症率が高くなることがわかった。


高齢になるにつれてリスクが高まる帯状疱疹。
患者数増加の背景には、社会の高齢化があると見られている。


 


Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 健康と病気について~ニュースより~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。