スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
がんの痛み治療、効果は2割未満

慶応大学などが、がん患者を対象としたアンケートを実施した。
その結果、がんの進行度はさまざまだが6割の患者がガンの痛みを経験し、痛み止め投与などの治療を受けた患者のうち「痛みを完全に取り除けた」と回答したのは16.6%に過ぎないことが明らかになった。
研究チームは、がんの患者会69団体に協力を依頼し、計1634人の患者から回答を集めた。

一方、看護師を対象とした先行研究では、延命治療を受けているがん患者の5割~6割は鎮痛対策で「十分に効果あり」との結果が導き出されている。両研究の評価方法は異なるが、患者にとっての痛み治療の効果と、医療関係者のそれには大きな隔たりがあることが分かった。


Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 健康と病気について~ニュースより~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。