スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たばこ吸い、酒を飲む肥満者はガンリスク2倍以上

体に悪いと分かっていながら、やめられない喫煙。
さらに飲酒と肥満が組み合わされば、がんにかかるリスクが2倍を超えることが厚生労働省研究班の試算で分かった。

がん以外の、脳卒中や心筋梗塞などの循環器系疾患でも発症リスクは4倍以上になるという。喫煙、飲酒、肥満を組み合わせて分析した研究は今回が初めて。

研究班は1990年から93年に全国9地域の男性約4万5千人の生活習慣を調査。
その中で2003年までに3398人ががんになり、1638人が循環器系疾患を発症した。
さらに喫煙本数、飲酒量、肥満度(体格指数)でグループに分け、罹患・死亡リスクを調べた。最も高いのは1日40本以上の喫煙、日本酒1日2合以上の飲酒・体格指数(BMI)30以上の「不健康グループ」だった。

予測モデルを使って、各グループが今後10年間でがんになる確率を5歳ごとの年齢で推計すると、各年齢層で不健康グループは健康グループの2.4倍~3倍の罹患率となった。循環器系疾患においても、各年齢層で不健康グループは健康グループの4.1~4.9倍の罹患率となった。


Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 健康と病気について~ニュースより~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。