スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本のメタボ基準、やはり見直しか?

メタボリックシンドロームの第一診断基準は、特定健診では腹囲(男性85cm、女性90cm)としている。
しかし、厚生労働省研究班(主任研究者:門脇孝東大教授)が全国の3万人以上の住民を対象に調査を行い、このうちの1万6千人のデータを中間解析したところ、腹囲は男性84cm、女性80cmが適していることを割り出した。

現在の基準は内臓脂肪の面積を画像診断で調べている。高血糖などが起こりやすくなるのは100cmであり、それに相当する腹囲を定めている。

しかし他国を見ると米国は男性102cm・女性88cm、欧州は男性94cm・女性80cm、南アジア・中国は男性90?・女性80?であり、女性のサイズが男性より大きいのは日本のみ。これではリスクのある女性を見落とす、との批判があった。今回の調査結果によって今後、メタボ基準に見直しが迫られる可能性がある。

なお、メタボの測定値と実際に起きた病気のかかわりを調べた全国調査は今回が初めて。


Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 健康と病気について~ニュースより~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。