スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たばこが原因で病死 年間で20万人
年間20万人近くの人が、たばこが原因で病気になり、死亡している。このほど厚生労働省研究班が発表したそんな調査結果を、12月22日付の朝日新聞が掲載した。

同研究班は、1980年代から90年代にかけて、40~79歳の男女約29万7000人に対して喫煙習慣の有無を確認し、約10年間追跡調査を行った。喫煙率は男性54%、女性8%だった。

調査の結果、2万5700人が死亡し、そのうち男性の喫煙者が病気で亡くなるリスクは非喫煙者に比べて、消化性潰瘍で7.1倍、喉頭がん5.5倍、肺がん4.8倍、くも膜下出血で2.3倍も高くなることがわかった。女性においても同様に、肺がん3.9倍、慢性閉塞性肺疾患(COPD)3.6倍、心筋梗塞3倍、子宮頸がん2.3倍の割合で非喫煙者よりもリスクが高いことが判明した。過去に喫煙習慣があった人までを含めれば、タバコに関連する病気で亡くなった人は男性で27.8%、女性で6.7%に上った。

2005年は年間で108万4000人の死亡者があったが、今回の調査結果をあてはめると、統計上は男性で16万3000人、女性で3万3000人が、タバコ関連の病気で死亡したということになる。また男性の喫煙率が下がる一方で女性が上がっているため(2005年度では男性39%、女性11%)、今後は女性でさらにタバコが原因で病気に至る人が増える見通しだという。今回の結果を踏まえて、同省は健康対策として禁煙治療を更に拡大していく必要があることを強調している。


Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 健康と病気について~ニュースより~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。