FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NICU、すべての国立大学病院に
最近、妊婦の緊急搬送の受け入れ拒否などで、さまざまな課題が浮き彫りとなった産科医療体制。この解決策の1つとして、文部科学省は、全国すべての国立大学病院に新生児集中治療室(NICU)を設置し、既設病院の病床も増やす方針を固めた。

12月5日付の日本経済新聞によると、全国に42ある国立大学病院のうち、NICUが未設置なのは、弘前、千葉、東京医科歯科、岐阜などの9病院。これらに順次NICUを設置していく。さらに現在、国立大学病院で周産期医療に関係する病床数は平均で11.4床あるが、今後21の病院について20床ほどに増やしていく。

これらの改善案は2009~2012年度の4年計画で実施していく見込みで、併せて現場を離れた女性医師の復帰支援や専門分野での若手医師の養成にも力を入れていく。

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 健康と病気について~ニュースより~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。