FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脳死移植に抵抗感薄れ、臓器提供の意思、過去最高の43%
「臓器移植に関する世論調査」が全国の成人3000人を対象に行われ、脳死判定後に「自分の臓器を提供したい」と回答した人が全体の43.5%を占め、過去最高だった。そんな記事が、11月9日付の日本経済新聞に掲載された。

この調査は2年ごとに実施され、今回の回収率は59.0%。臓器移植に「関心がある」と答えた人も前回より1.2ポイント増えて60.2%だった。
しかし実際に、ドナーカードのような臓器提供の意思を示すものを「持っている」人は0.5%増えただけの8.4%にとどまった。

また8割超の人が、生前に自分の家族が示した臓器提供の意思を尊重すると回答、現行の臓器移植法で禁止されている15歳未満の子供の臓器提供についても約7割が意思を尊重すると答えた。
15歳未満の臓器提供に関しては69.0%の人が「できるようにすべきだ」と回答している。

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 健康と病気について~ニュースより~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。