スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
都立墨東病院と同じ、産科の常勤医6人以下の施設が75施設中15施設
厚生労働省は、脳出血を起こした妊婦が受け入れを拒否され死亡した問題を踏まえ、これまで正確に把握していなかった、全国に75ある総合周産期母子医療センターの医師数を初めて調査し、公表した。10月29日付の朝日新聞が報じている。

この調査によると、産科の常勤医は882人で、1施設に平均11.8人いる。前出した問題で脳出血の妊婦の受け入れを最初に断った都立墨東病院と同じ常勤医6人以下の15施設は、東北や関東、北陸、東海、四国にあった。また産科医1人当たりの一般産科病床数をみると、墨東病院が9.3床と一番多く、次に7.3床の仙台赤十字病院(宮城県)、7床の東京女子医科大付属八千代医療センター(千葉県)、岩手医科大付属病院(岩手県)と続く。全施設では平均2.7床だという。


Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

入院保険とは
入院給付金は基本的に日額で五千円か一万円のようです。一日目からもらえるというわけではなく、入院五日目からが多いです。入院というと長期の入院で、家計が破綻するというのが最悪のパターンですが、通算千日までのものもあります。何も起こらなかった場合に、無事故ボ...  [続きを読む]
入院保険のメモ 2008/12/28/Sun 21:25
Copyright © 健康と病気について~ニュースより~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。