FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
都内に3000~4000人、若年性認知症の患者
東京都内に65歳未満の若年性認知症患者が3000人から4000人いることを東京都が推計した。

10月24日付の日本経済新聞によると、この数字は筑波大学の朝田隆教授が北関東で行った調査で算出された。人口10万人当たりの患者発症数に都内人口を掛け合わせて推計したもので、都は今後の対策に役立てる。

他にも東京都は若年性認知症の患者や家族に対し生活実態調査も行っており、それによると周囲が認知症に気付いた時期は50歳代が1番多く68%で、40歳代は4%、30歳代は2%と、60歳未満が7割に達していることが判明した。

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 健康と病気について~ニュースより~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。