スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
医師不足は臨床研修制度導入で広がった!?
臨床研修制度が導入された2004年以降、研修先として大都市の病院に人気が偏り、地方の大学病院が若手医師不足に陥ったことは前出記事の通りだが、地方の大学病院の医師不足が一般病院へと波及したプロセスを、日本医師会がデータで初めて裏付けた。

7月26日付の毎日新聞によると、若手医師の人気が都市部の大病院に偏ったことで、大学から地域病院への医師派遣を中止したり、派遣数を減らした医局が77%に達することがわかった。理由として「臨床研修制度による人員不足」を挙げたのがそのうちの78%。医師を引き揚げた医療機関は3003施設で、医師派遣を受けられなくなった医療機関の6割以上が診療制限や診療科の閉鎖に追い込まれた。

大学病院の人材配分システムが臨床研修制度の導入によって機能しなくなり、医師不足、地域間格差を広げたと関係者はみている。

Comment

管理人にのみ表示する

医師の再配置
難しい問題ですよね。
医師求人 | URL | 2008/10/19/Sun 23:25 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 健康と病気について~ニュースより~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。