FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
O157感染予防…生で食肉を食べるのは避けよう
先日、86歳の女性が腸管出血性大腸菌O157に感染しているということでした。O157は命に関わることがあるので、注意しなければいけません。
O157は、僅かな量の菌で発症し、激しい腹痛、下痢、血便の症状を引き起こす場合があります。特に子供や高齢者では、尿が出にくくなったり、けいれんや意識障害を引き起こすことがあるそうです。
予防のポイント
 ?食品は中心部まで十分に火を通し、
  肉、レバーを生で食べないこと。
 ?調理前や食事前、トイレの後は石鹸を泡立てて、
  指先から手首までをしっかり洗うこと。
O157に感染した人で、食事の内容がわかった人のうち、次の様な結果だったそうです。
 約半数の人…生レバーやユッケを食べた
 20%の人…生肉は食べていないが、生肉を触った箸で焼肉を食べた
焼肉の際、「生肉を触る箸」と「食べる箸」を分けている人は多いでしょうか。私は一緒にしていましたが、これからは別々にしようと思います。

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 健康と病気について~ニュースより~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。