FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手指のリハビリ 画面見て「じゃんけん」 岐阜大など開発
 脳溢血などで麻痺した手指のリハビリを患者自身で行える「リハビリ支援システム」を岐阜大学工学部と丸富精工が共同開発しました。

  麻痺に負けるな!右下半身麻痺が驚く程回復した

 患者は麻痺した手に、18個の関節を機械化した電動の器具をバンドで固定。モニターに映るコンピューターグラフィックス(CG)や音声に従い、▽じゃんけん▽ピアノを弾く▽コップの水を注ぐ--など五つのメニューを約20分間にわたって行う。

 器具の支援により複雑な手の動きが可能で、患者は療法士などの指導を必要とせず一人で楽しみながらリハビリできるほか、関節の可動範囲や速度が自動的に計測されるため回復状況がわかります。「ダメージを受けた脳の周辺にはまだ使える神経が残っており、それをうまく使うことで機能を復活させることができる」としています。

あなたも5分で肩こりから解放される?!リハビリの専門家が教える驚愕の秘策
麻痺に負けるな!右下半身麻痺が驚く程回復した

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 健康と病気について~ニュースより~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。