スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
O157超える強毒菌、国内で2例検出
 北米地域で集団感染が相次いでいる死亡率の高い強毒型の腸炎細菌を、国立感染症研究所が国内の患者2人から検出していたことがわかった。

 厚生労働省は、国内の医療機関での流行を防ぐため、各医療機関に院内感染防止の徹底を指示、今後、国立感染症研究所を通じて、国内の発生状況の予備調査を行う方針だ。

 この細菌はクロストリジウム・ディフィシル。これまで、国内では下痢や大腸炎を引き起こす細菌として知られているが、高齢者や全身状態が悪い場合を除き、死亡することはまれだった。ところが、カナダなどで2003年ごろから、毒素をたくさん作る強毒型が流行するようになり、ケベック州の12病院では、1703人のうち、約7%にあたる117人が死亡した。この死亡率は、病原性大腸菌O(オー)157に感染した患者が重い合併症を起こした際の死亡率1~5%よりも高い。
(by Yahoo!ニュース)


 クロストリジウム・ディフィシルは、大腸に常在している常在菌の一種で、通常は毒素を産生しません。
 この菌は多く種類の抗生物質が効かない耐性菌です。したがって抗生物質の投与によって他の菌が死滅すると、この菌だけが生き残り異常増殖(菌交代現象)し、毒素を産生するようになります。
 この毒素(エンテロトキシン、サイトトキシン)が腸管粘膜に障害を起こして、軽症では軟便、重症では激しい下痢、腹痛、高熱を伴う、円形に隆起した偽膜ができる偽膜性大腸炎を発症します。

 抗生物質を最近服用していない人にも、クロストリジウム‐ディフィシル感染症による大腸炎が起こることがあります。入院患者や老人ホームで看護を受けている人は、他の患者から感染して大腸炎を起こすことがあります。この細菌は人の手について不注意に運ばれるので、手指をよく洗うことで人から人への感染を予防することができます。

イヌ由来の腸内細菌を配合した犬用プロバイオティクス乳酸菌サプリメント。生きた乳酸菌が腸ま...

乳酸菌Daニャン
スポンサーサイト
O157感染予防…生で食肉を食べるのは避けよう
先日、86歳の女性が腸管出血性大腸菌O157に感染しているということでした。O157は命に関わることがあるので、注意しなければいけません。
O157は、僅かな量の菌で発症し、激しい腹痛、下痢、血便の症状を引き起こす場合があります。特に子供や高齢者では、尿が出にくくなったり、けいれんや意識障害を引き起こすことがあるそうです。
予防のポイント
 ?食品は中心部まで十分に火を通し、
  肉、レバーを生で食べないこと。
 ?調理前や食事前、トイレの後は石鹸を泡立てて、
  指先から手首までをしっかり洗うこと。
O157に感染した人で、食事の内容がわかった人のうち、次の様な結果だったそうです。
 約半数の人…生レバーやユッケを食べた
 20%の人…生肉は食べていないが、生肉を触った箸で焼肉を食べた
焼肉の際、「生肉を触る箸」と「食べる箸」を分けている人は多いでしょうか。私は一緒にしていましたが、これからは別々にしようと思います。
Copyright © 健康と病気について~ニュースより~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。