スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
熱中症に注意!
熱中症は、高温の環境の下で体温の調節ができなくなり、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れて起こります。夏の炎天下での運動時や作業時に起こるイメージがありますが、夏以外の季節や室内でも起こる場合があります。
熱中症は、軽い症状から急速に症状が悪化することもあり、最悪の場合は死に至ることもあります。熱中症の予防法と対処法2をまとめましたので、参考にしてください。

1.熱中症の予防法
①暑さを避けましょう
 気温や湿度が高いと、熱中症になりやすくなります。外出時は帽子や日傘を使用し、室内ではすだれ・カーテンなどで直射日光を防ぎ、また風通しをよくするようにしましょう。
②急に暑くなる日に注意しましょう
 熱中症は、急に暑くなった時期に、多くなる傾向があります。体が暑さに慣れるまでの数日間は、特に注意しましょう。
③こまめに水分を補給しましょう
 汗で失った水分や、塩分を適切に補給するため、スポーツドリンクやお茶などでこまめに水分補給をしましょう。ただし、ビールなどのアルコール類は利尿作用があるため、水分補給には適しません。
④服装にも工夫をしましょう
 熱を逃がすような、吸湿性や通気性のよい素材を身に付けましょう。
⑤個人の状態を考慮しましょう
 発熱や下痢、寝不足などで体調の悪いときは、無理をしないようにしましょう。また、乳幼児や高齢の方、肥満の方は、熱中症を起こしやすいので特に注意しましょう。

2.熱中症かな?と思ったら
①風通しの良い日陰や、クーラーの効いた室内など、涼しい環境へ避難しましょう。
②衣服を緩め、冷たいタオルや氷嚢などで体を冷やしましょう。
 (首、脇の下、太ももの付け根など、皮膚のすぐ下を流れている血液を冷やすことも有効です)
スポンサーサイト
Copyright © 健康と病気について~ニュースより~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。