スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
室内を換気しよう
昔の木造住宅は通気が良かった。そして、自然に換気がされていた。
でも今の住宅は、隙間がない上に吸湿性のない材料が多く使われている。だから、空気も湿気も室内にこもりやすくなっているんだ。

喫煙とか暖房などの要因で、有害物質も発生する。その有害物質を外に追い出さないと、健康に悪影響がでることもある。
また室内の湿度が高くなると、カビやダニが発生しやすくなる。きれいな室内空気は換気が基本となる。

換気とは空気を入れ換えることだ。ただ単に窓を開けたり、換気扇を回すだけでは不十分だ。
じゃあ、どうすれば良いか?それは、空気の入口と出口の位置から空気の流れを考えることだ。室内に空気のよどむ所が出来ないようにすることが大切だ。

具体的には次の点に注意しよう。
・窓を閉め切る場合、時々で良いから、台所・トイレ・浴室の換気扇を回そう。
・空気の通りを良くするため、窓を開けたら反対側のドアも開けよう。
・窓を家具などでふさがないこと。床下の通気口もふさがないように。
・調理・皿洗いの時には、必ず換気扇を回し、湿気の発生を防ごう。

こまめに換気を心がけて、いつも新鮮な空気を室内に取り入れよう。

不明なことがあれば、近くの保健所に聞いてみよう。

スポンサーサイト
Copyright © 健康と病気について~ニュースより~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。