スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薬と乳幼児・高齢者の付き合い方を考える
子供への薬の飲ませ方に注意!
《薬の量》
大人を小型版が子どもではない。子どもは成長している最中であり、大人と異なる部分が多くある。従って、単純に「大人の何分の一の量」を子供に飲ませれば良い、というものでもない。
大人の薬を安易に量を減らして子どもに飲ませるのは、危険なことである。大衆薬を子どもに飲ませる場合、子ども用(小児用)の表示又は子どもに使用できる旨が明記されているものを選ぶべきであろう。

・乳児に薬を飲ませる場合
粉薬は少量の湯でペースト状に延ばし、上あご又は頬の内側に塗り、湯ざましやミルクを飲ませると良い。
また、溶かす時は一口で飲める少量にし、スポイトやスプーンで飲ませよう。1回分のミルクに混ぜると、ミルクを全部飲まなかったり、ミルク嫌いになったりすることがあるので、避けたい。

・幼児に薬を飲ませる場合
他のものに混ぜることを避け、そのまま飲ませる習慣を付けたい。しかし、どうしても嫌がる時には、子どもの好きなものに混ぜても構わない。

<混ぜる場合の注意>
牛乳、ヨーグルト、アイスクリームなどの乳製品に混ぜると苦味が和らぐ。練りチョコレートやココアなども良い。
ただし、乳製品に混ぜると効きが悪くなる薬やスポーツドリンクやジュースに混ぜると、かえって苦くなるものもあるので、注意したい。
詳しくは、医師や薬剤師に聞いてみよう。


「薬を飲むだけでお腹一杯になる」「買い物袋いっぱいの薬を貰った」など、多い数の薬が処方されることがある。特に高齢者に多く見られるだろう。
しかし、自分が処方される薬のことを知っておこう。病気治療に欠かせない薬だとわかれば、勝手に薬を止めたり、飲み忘れたりすることも減るだろう。

加齢と共に、身体の働きが低下していく。従って、高齢になると多くの病気にかかりやすくなり、色々な病気を持っていることが多くなる。そうして、何種類もの薬を服用する機会が増えてしまうのだ。
2種類以上の薬を同時に飲むと、薬同士の作用が絡み合い、副作用が出たり、逆に効き目が弱くなったりすることがある。だから、複数の病院で診察を受ける際は、他の病院で処方された薬があれば、必ず医師か薬剤師に伝えることが肝要である。

また高齢者は、身体に変化が起きやすいのが実情だ。尿が出にくい、目がぼやける、足もとがふらつく、…など色々だ。
これらの変化は、老化現象かも知れない。注意したいのは、薬を飲むようになってから現れたかどうかだ。薬を飲み始めてから体調に変化があれば、薬で起こったのかも知れない。もしそうだとしても、勝手に薬を止めてはいけない。必ず医師や薬剤師に伝えて、相談すべきである。


薬の飲み忘れ防止策
・1回分の薬を1つの袋に入れる
・1回分の袋に飲むべき日・時間(●月▲日・朝など)を書いておく
・薬を飲んだら、カレンダーにマルを付ける
:薬を飲んだ後の包装を残しておく


薬を飲み忘れたら、決められた時間からそれほど経っていなければ、すぐに1回分を飲むのが一般的である。ただし、ある程度の時間を空けなければならない。
1日3回の場合、少なくとも4時間位空ける。
1日2回の場合、5~6時間程度空ける。
なお、次の飲む時間が迫っている場合は1回抜かし、次からきちんと飲めば良い。くれぐれも、飲み忘れたからといって、2回分を一度に飲んては絶対ダメである。
ただし抗生物質は、一定の間隔できちんと服用すること。糖尿病など、飲み方を間違えると低血糖を起こして危険な薬もある。抗てんかん薬は、不規則な飲み方は危険。
飲み忘れに気付いたら、自分で判断せずに、医師や薬剤師に相談するのがベターだ。薬を処方された際、飲み忘れた時どうすれば良いか事前に聞いておくとより安心だ。


薬の保管方法
・直射日光、高温、湿気を避ける
・子供の手の届かない所におく
・他の容器へ入れ替えない
・飲み残した薬や使用期限を過ぎた薬は捨てる


薬は使い方を誤ると身体に良くありません。病気治療や症状改善のため、薬は正しく服用しよう。

 >>クスリの生理作用と飲み方
スポンサーサイト
クスリの生理作用と飲み方
●薬が効く理由
ビールなどのアルコールを飲むと、顔が赤くなったり、イイ気分になったりする。これは、アルコールが体内に吸収され、血液に溶け込んで全身に回り作用するからである。しかし、これも時間が経つと酔いがさめ、元の状態に戻ることになる。これは肝臓で血中アルコールが分解され、腎臓から尿と一緒に対外に出てしまうからだ。

薬が効くのもこのアルコールと同じ仕組みである。
薬が体内で吸収され、血液によって運ばれ、ある場所で効果を発揮する。そして、肝臓で分解されて、腎臓などから体外に排出されるのだ。


●薬の効果は血中濃度に関係する
薬が血液に溶け込んでいる濃度を血中濃度と言い、薬の効果が現れるのは一定の濃度になってからだ。また、薬は飲んだあと体外に出るまで、一定の時間が掛かり、体外に出るまで作用が持続する。
血中濃度が高くなり過ぎると、薬が効き過ぎてしまうこともある。それとは逆に、血中濃度が低いと、薬の効果が現れにくいことになる。
もし一度に2回分の薬を飲んだ場合、血中濃度が異常に高くなり、副作用が出る危険性がある。逆に1回飲まなかったら、血中濃度が低くなり、効果が持続できなくなる。
薬の血中濃度を必要な濃度に保つため、決められた量を決められた時間に飲むことが大切なのである。


●食前や食間の意味を知ろう
食前…食事をとる20~30分前
食後…食事のあと30分位までの間
食間…食事のおよそ2時間後
食直前…食事のすぐ前
食直後…食事が終わったらすぐに
寝る前…寝るおよそ30分前から寝るまでの間
○時間毎…食事に関係なく、一定の間隔で
頓服…痛いとき、熱が高いときなど必要に応じて

もし食事をしなかったとしても、薬だけは飲もう!薬の回数を減らすと、効果が出ない可能性がある。食事を抜いても、いつもの食事時間に合せ、多目の水と一緒に薬を飲むのが一般的だ。しかし例外もあるため、事前に医師か薬剤師に確認しておく事が望ましい。


●薬は白湯で飲む
・コップ1杯の白湯で薬を飲む
・アルコールと一緒に飲まない
薬を水なしで飲んではいけない。食道に炎症や潰瘍ができる危険性があるからだ。水分と一緒に薬を飲むと、体内への吸収の促進される。
ただし水で飲むより、ぬるめの白湯で薬を飲んだほうが良い。胃の温度を下げないため、胃の活動が低下せず体への吸収が速くなるからだ。コップ1杯の白湯で薬を飲めば、吸収も良くなる。

水や白湯が手元に無いからといって、ビールなどのアルコールと一緒に薬を飲んではいけない。薬の吸収が促進されて、薬が効き過ぎることがあるからだ。効き過ぎると副作用が怖い。薬を飲む前後にアルコールを飲むのも避けよう。
以下の薬は、アルコールと一緒に飲んでは絶対にダメだ!
 ・睡眠薬
 ・精神安定薬
 ・痛み止め
 ・解熱薬
 ・抗ヒスタミン薬(花粉症などのアレルギー,風邪,乗り物酔いなど)

 >>薬と乳幼児・高齢者の付き合い方を考える
Copyright © 健康と病気について~ニュースより~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。