スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無資格のクイックや接骨院がマッサージ市場を拡大
マッサージの資格を持たない「クイック」や「接骨院(整骨院)」で、マッサージが行われている現状について、朝日新聞が取り上げています。

以下は、その内容です。


「資格」がなくてもマッサージ
「クイック」・接骨院が市場を拡大



疲れた体をもみほぐしてくれるマッサージの店が次々とできている。「クイックマッサージ」や「リフレクソロジー」を掲げる店に加えて、「健康保険がきいて安くなる」とアピールするところも増えてきた。癒しブームに乗って膨らむマッサージ業界。ところが、本格的にマッサージを学んで国家資格をとった人たちが追いつめられている。


「全身ほぐしで千円?安い」。11月中旬、東京都内の会社員女性(26)は、無料情報誌の広告にひかれて、その店を訪ねた。これまで受けたマッサージでは数千円はとられている。
雑居ビル内の店は、白っぽい内装で清潔感があった。ベッドに横たわり、20分ほど腰を中心にもんでもらった。受付で料金を払うと、「次回は保険証があれば安くなります」。病気でもないのに、保険がきくのだろうか。少し不思議に思った。
数日後。同じ無料誌に広告があった別の店にも行った。受付で申し込むと、なぜか自分の氏名がすでに知られている。店をチェーン展開していて、数日前に行った店は系列店なので、氏名が登録されているという。
帰り際に、やはり保険証のことを告げられた。その後、持参して行ったら、腰痛になった日時と原因を書くよう求められた。迷っていると、「ジムに行ったなら、その時にひねったことにしますよ」。意味がよくわからなかったが、うなずいた。
店で渡されたカードを見て驚いた。「診察券」とあり、店名にも「接骨院」と書いてある。接骨院に通ったのは、肩を脱臼した高校生のとき以来だ。「接骨院もこういうマッサージをするなんて知らなかった」
同じ年ごろの友人たちに話すと、「もっと安いところがあるよ」。それぞれインターネットや口コミで、お気に入りの接骨院を見つけているらしい。
接骨院で保険がきくのは、治療にあたる柔道整復師に医療費(健康保険)の請求が認められているからだ。ただし対象は、骨折、脱臼、ねんざ、打撲、肉離れの五つのケガの治療のみ。単なる肩こりや腰痛のマッサージで保険がきいたなら、ケガの治療と偽って保険請求された可能性が高い。社会問題化している「接骨院の不正請求」だ。
名古屋市昭和区の接骨院は看板に「マッサージ、カイロプラクティック、アロマセラピー」と書いていた。接骨院の広告は法律で厳しく制限され、看板やチラシには、院の名称や住所など基本的な情報しかのせられない。しかし院長は「仕事帰りの30~40代の人はマッサージを求めて来ることが多い。患者のためにも、こういう看板は必要だ」と主張する。
業界団体の愛知県柔道整復師会は昨年10月から、こうした違法性の強い広告を集め、保健所に通報している。すでに40件以上の情報があるという。
違法まがいのアピール合戦の背景にあるのは過当競争だ。柔整師の養成学校は、この10年で7倍に急増。その卒業生たちが次々と開業している。
こうして膨張する接骨院に若い利用者が通う。医療費の内訳では、40代以下が4割強を占める。後期高齢者医療制度に引き継がれた老人保健でも、医療費支給額の全体がほぼ横ばいのなか、接骨院への支給額は減り続けている。これに対し、中小企業の現役サラリーマンが入る政府管掌健康保険(現・協会けんぽ)からの支給額は03年度から伸びる一方だ。
沖縄県では、政管健保から接骨院への医療費支給額が06年度に前年比20%増、07年度も26%増と2年続けて大幅に伸びた。地元の接骨院は、本州から進出してきた接骨院チェーンが原因の一つとみている。
そこで数カ月前までアルバイトをしていた男性は「ケガの治療なんてほとんどない。みんな肩こりや腰痛」と振り返る。男性がいた接骨院では、バイトも白衣を着て、患者にマッサージをしていた。「僕らがやったマッサージを、院長が保険請求していたかは知らない。でも、保険がきくことを売りに患者を集めていたから……」



あん摩さん苦境

接骨院の「マッサージ店」化には別の問題もある。
「接骨院は私たちとは違う資格。なぜ私たちの患者を奪うのか」。東京都葛飾区のあん摩マッサージ指圧師の男性(56)は周りに接骨院が次々とできる現状にため息をつく。生まれたときから目に障害があり「あん摩さんになる以外、考えられなかった」。4年前、駅前に開業。最近、ふらっと来る患者に「保険がききますか」とよく聞かれる。「医師の同意がないとダメ」と答えると「じゃあ、いいです」と立ち去ってしまう。
板橋区の自宅で開業する男性(70)は「接骨院と競争なんてできない」と嘆く。全盲なので外に出てチラシを配るのは難しい。1人で書類も作れないから保険請求も断念している。患者は月に20~30人で、ピーク時の10分の1だという。
視覚障害者は江戸時代からマッサージで生計を立ててきたといわれる。近年、視覚障害者らが反発してきたのは「クイックマッサージ」や足の裏などを刺激する「リフレクソロジー」だった。これらの店は癒しを前面に出し、若い人たちの支持を集めた。矢野経済研究所の推計によると、市場規模は右肩上がりで伸び、08年は1730億円と予測している。
その成長市場に接骨院業界が「参入」してきた格好だ。視覚障害者にとって泣きっ面に蜂。この10年で1万増えて3万軒を超えた接骨院を尻目に、あん摩マッサージ指圧師として働く視覚障害者は3万3千人から2万5千人まで減った。
法律によると、医師以外でマッサージを商売にできるのはあん摩マッサージ指圧師だけだ。リフレクソロジーの最大手とされるRAJAの藤田桂子社長は「私たちの技術は心を快適にする癒しの一種。健康を回復するための治療であるマッサージとは別物」と説明する。一方、日本柔道整復師会は「私たちは医療としてケガを治すから保険請求できる。マッサージに似た治療法もあるが、単なる肩こりや腰痛に慰安的なマッサージをして医療費を使うのは言語道断で、許してはならない」と話す。


参考情報:厚生労働省によると、公的健康保険から接骨院に支払われた医療費は98年度の2542億円から増え続けており、08年度には3212億円に達した。



マッサージ業界
異変

あん摩マッサージ指圧師
■国家資格で、マッサージを商売にできる
■視覚障害者が4分の1を占める
■医師が同意した治療なら、健康保険を請求できる

接骨院(整骨院)
■国家資格の柔道整復師が開業する
■骨折やねんざなどのケガを治療すれば健康保険を請求できるが、単なる肩こりや腰痛へのマッサージで請求するのは違法
■「整体」や「カイロ」は別物で、いずれも国家資格ではない

クイックマッサージ、リフレクソロジー
■国家資格ではなく、開業者数は不明
■「タイ式」「足裏」など、さまざまな種類があるが、いずれも法律の定義はない
■人体に害を及ぼすおそれがあるとみなされれば、「無免許マッサージ」として警察の取り締まりの対象に

(上記の引用:2008年12月13日付の朝日新聞より)

医療マッサージというものがあるそうで、あん摩マッサージ指圧師の資格が必要となっています。
その医療マッサージでも、あん摩マッサージ指圧師免許を持たない無資格者による不正請求が危惧されているようです。
 → http://izumiright.blog121.fc2.com/blog-entry-4.html (いずみライト治療院)

スポンサーサイト
高齢者医療費の負担増を凍結へ、75歳以上の徴収は6カ月間
 政府・与党は来年4月に予定されている高齢者の医療費負担増の凍結問題で、75歳以上の一部からの新たな保険料徴収は6カ月、70~74歳の窓口負担の1割から2割への引き上げは1年間、それぞれ凍結する方向で調整に入りました。この凍結で必要になる税負担額は約1500億円程度になる見込みで、今年度補正予算での計上を検討します。

 負担増凍結を検討している自民、公明両党の与党プロジェクトチームで最終調整し、今月中に結論を出す予定です。

 与党内では、先の参院選大敗を受け、負担増の凍結論が浮上。福田政権発足に伴う自公の連立政権合意で負担増凍結の検討が盛り込まれました。

 新たな保険料徴収の対象になっていたのは、会社員をしている子供や配偶者の被扶養者で、これまで自ら保険料を支払う必要のなかった75歳以上の高齢者200万人。凍結期間は、保険料徴収を半年間先送りした7年前の介護保険制度導入時を参考に、6カ月間の凍結が有力視されています。厚生労働省の試算によると、必要財源は200億円。与党内の調整で9カ月に延びる可能性もあるようです。

 また、70~74歳の窓口負担の引き上げの1年間の凍結に伴う必要財源は1100億~1300億円程度です。
Copyright © 健康と病気について~ニュースより~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。