スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
変形性膝関節症に明るい光=ひざ軟骨の人工培養技術を東大などが開発…再生医療に期待
 従来は難しかった膝軟骨の人工培養技術を、東京大学などが開発しました。

 体内と同じ高圧環境下で培養するもので、国内で3000万人とも言われる変形性膝関節症の患者などへの再生医療に道を開くと期待されます。
 変形性膝関節症の患者は、軟骨がすり減るため、膝が痛み、歩行や階段昇降が困難になります。

 一部の患者には、膝から採取した健康な軟骨細胞を培養した後、患部に注入する治療が試みられていますが、培養中に病的なタンパク質を持つ異常細胞ができる問題がありました。

 東京大学の牛田教授は、関節内で体液の入った袋に包まれた軟骨には、歩行時に約50気圧の圧力がかかることに着目したそうです。プラスチック製の培養袋にウシの軟骨細胞を入れ、体内と同じ水圧をかけて4日間培養したところ、球状の正常軟骨(直径1ミリ)ができたということです。

 高齢化に伴い、変形性膝関節症の患者が増加することは容易に想像できます。そして、変形性膝関節症で苦しむ患者の姿は痛々しいものです。その患者が少しでも減ることに繋がれば…。再生医療への期待が高まるばかりです!

この夏のレジャーに旅行に、給料日前の強い味方!価格.comカードローン比較!


薄毛や脱毛の悩み解決!自毛植毛無料医療カウンセリング実施中!
スポンサーサイト
Copyright © 健康と病気について~ニュースより~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。