スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
精神疾患の教員が過去最高の4995人
うつ病を始めとする精神疾患で休職した公立学校の教員が15年連続で増加傾向にあり、2007年度は過去最多に上った。文部科学省が行ったそんな調査発表を、12月26日付の毎日新聞が報じた。

調査対象となったのは教員計約92万人(全国の公立小中高校や特別支援学校など)で、07年度は、精神疾患による休職が前年度より320人増加し4995人となった。15年連続で増加しており、01年度の調査結果2503人から約2倍となった。

年齢別では、40代が37.5%、50代以上が35.2%と多く、合わせると全体の7割以上を占めた。疾患の内訳としてはうつ病がほとんどだが、適応障害やパニック障害、統合失調症などもあった。文科省は原因について、保護者からのクレームや多忙な日々の業務、そして従来の指導法が通じなくなったことなどと推測しており、特にベテランが挫折するケースが目立ってきているという。

また精神疾患だけではなく、病気求職者全体の数も昨年より414人の増加で、4995人と過去最高を記録。14年連続で増え続けており、教育現場の崩壊を防ぐためには、教職員の健康面でのバックアップが必要だといえそうだ。
スポンサーサイト
うつ病が原因で痛みや体の不調?
鬱病が正しく診断されず、適切な治療を受けられない?
そんな実態が多いようです。

腹痛や片頭痛、耳鳴り、腕のしびれなど、身体的な症状はあるのに原因がわからない。病院で治療をしても症状が改善されない。これらの原因は鬱病(うつ病)」かも知れません。

鬱病は、睡眠障害・すぐに疲れる・食欲がない・頭が痛い・腹痛・便秘・下痢・めまい・吐き気・しびれ・呼吸困難など多彩な症状を伴います。でも、「しびれ」や「吐き気」で鬱病を疑いますか?普通は、うつ病を疑わないですね。だから内科や耳鼻科などを受診することになる訳です。でも検査をしても鬱病と診断して貰えないことが多いでしょう。そこが問題なんです。

鬱病は「心の風邪」とも呼ばれ、誰でもかかる可能性があります。しかし、近年急速に発展している脳科学で、鬱病と脳の神経伝達物質の関係が少しずつ証明されてきています。実は「鬱病は“心”ではなく、脳の神経伝達物質の不足からくる病気」とも言われています。

 薬で脳の神経伝達物質をコントロールすれば治るのですが、そのためには鬱病と診断されなければなりません。しかし鬱病と診断されず、適切な治療がされないまま放置されている人が少なくないことに問題があります。鬱病は適切な治療で必ず治るんですが、鬱病と診断できなければ治療できません。うつ病と診断してもらうことが治療への第一歩です。


精神科医の長年の経験をもとに、1日の身体的な変化から鬱病の兆候を割り出す「脳ナビ」というチェック診断表が開発されました。『その痛みは「うつ病」かもしれません』という本が出版され、「もし原因不明の痛みに苦しんでいる人がいたら、鬱病を疑ってみて欲しい」と呼びかけています。

その痛みは「うつ病」かもしれません
  
自律神経失調症、慢性胃炎、片頭痛、機能性胃腸症に更年期障害…etc。診断名はついたが、気休めのような薬の処方しかされなかった。こんな経験はありませんか?腹痛から耳鳴り、腕のしびれなど、原因不明の身体の痛みまで治療してきた経験豊かな臨床精神科医が語る「うつ病」の正しい考え方、治し方。


≪鬱病のチェック診断表「脳ナビ」≫
  (1)寝つきが悪い
  (2)眠りが浅くて、目が覚めやすい
  (3)よく夢を見る
  (4)朝早く目が覚める
  (5)疲れやすい
  (6)頭痛や頭重がある
  (7)肩や首すじがこったり痛んだりする
  (8)食欲がなく、物を食べても砂をかむようだ
  (9)はきけや嘔吐がある
 (10)口がかわく
 (11)最近やせた
 (12)胃や腸の調子が悪い
 (13)便秘(下痢)しがちである
 (14)前胸部に圧迫感がある
 (15)動悸がする
 (16)体のどこかにしびれや感じのにぶいところがある
 (17)体のあちこちが痛む
 (18)尿の回数が多い
 (19)月経が不順である
 (20)性欲が低下した
 (21)目が疲れやすい
 (22)めまいや耳鳴りがする
 (23)憂うつで、気持ちが沈みがちである
 (24)希望がなく、この世からのがれたい
 (25)何をするのもおっくうで、根気がない
 (26)頭の回転がおそくなった
 (27)記憶力が低下した
 (28)注意の集中ができない
 (29)いつも不安である
 (30)体のことが気になる
 (31)くよくよ心配ばかりしている
 (32)人中に出るのがいやだ
 (33)人並みでなく、気おくれがする
 (34)朝目が覚めたとき気分がすっきりしない
 (35)朝の方が体の調子が悪く、むしろ午後のほうがよい
 (36)いらいらする
 (37)何にも興味がない
 (38)決断力が低下している
 (39)自殺しようと思ったことがある
 (40)くり返しこんな状態になる
 ※合計15カ所以上に「はい」があり、(1)~(4)と(34)(35)のいずれかに
  「はい」があれば、鬱病の可能性が高い
(『その痛みは「うつ病」かもしれません』より)

医者に頼らない、うつ病克服法
うつ病を完全に解消する会
1日5分で、気分スッキリ。ストレス解消法


Copyright © 健康と病気について~ニュースより~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。