スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
70%以上の医学生、医師不足地域での勤務も許容
条件さえ合えば、7割以上の医学生が医師不足とされている地域で勤務しても良いと考えていることがわかった。そんな記事を、11月22日付の日本経済新聞が報じた。

アンケート調査を行ったのは全国医学部長病院長会議と臨床研修協議会。大学医学部の6年生や研修医、中堅指導医など約1万5000人に調査票を送り、約9000人から回答を得た。

その結果、学生では7割程度が医師不足地域に勤務しても良いと答えたが、経験を積むほどその割合は減少し、指導医では約47%まで落ち込んだ。また、こうした地域で勤務するための条件面においては、臨床経験の有無や経験年数にかかわらず「処遇・待遇が良い」が最も重視されることも明らかになった。

スポンサーサイト
日常生活の「かゆみ」ケアで快適な冬を…
 冬になると肌のかゆみに悩まされる人が増えますが、その原因の多くは乾燥です。お年寄りでは皮膚の新陳代謝が低下していることなどに加え、冬は空気が乾燥しているため、皮膚が乾燥し、かゆみが起こりやすくなり、ひどいかゆみに我慢できずかきむしって症状を悪化させるケースも少なくありません。体の中でも特に乾燥しやすいのは、腕の上部から肩にかけて、スネ・太もも・脇腹・腰の部分などです。これらは他と比べ、汗腺や皮膚腺が少ないことや衣類との摩擦が多いために水分をとられることで、乾燥しやすく、かゆみが起こりやすくなります。ますます空気が乾燥する冬の季節には、日常生活での適切なケアをして、快適な冬を過ごして下さい。

 「ふとんに入ると全身がかゆくて、眠れない」「かゆみを我慢できずかきむしっていたらひどい湿疹になった」…。こんな症状を訴え皮膚科を受診する高齢者が急増するのが冬。
かゆみが起こりやすいのは、皮脂が少ないスネや腕の外側、腰などで、カサカサして白い粉を吹いたようになることも…。

 人間の皮膚の一番外側にある角質層は、水分の蒸発を防ぐバリア機能を果たしています。でも加齢とともにこのバリア機能が低下するため、高齢者は肌が乾燥しやすく外部の刺激に敏感になり、かゆみを感じやすくなってきます。
 また、エアコンが普及し気密性の高い住宅やオフィスにいることで、かゆみを訴える人が増えてきます。

 冬場の乾燥によるかゆみを防ぐには、日常生活でのケアが大切。特に入浴の仕方に注意しましょう。タオルで体をゴシゴシこするのは禁物。手のひらで優しく洗うようにすると良いでしょう。

 乾燥した皮膚は敏感になっているので、衣類が肌にこすれたり、下着で締め付けられるなど、わずかな刺激がかゆみの原因になることもあります。衣類による刺激を避けるため、チクチクするウールや化学繊維は身につけず、肌に優しい木綿製の下着を着用して下さい。

 また、室内の乾燥を防ぐことも忘れてはいけません。加湿器の使用や洗濯物を室内に干すなど、湿度を50~60%に保つことが大切です。

ベールのように肌をやさしく包む保湿性入浴剤コラージュD乾燥肌用入浴剤500ml
   


冬になると現れる肌のかゆみの対処法!…お風呂の入り方のコツ
 (1)熱いお風呂に入らない。
 (2)お風呂で体をゴシゴシ洗わない。
 (3)お風呂上がりに、すぐに保湿する習慣を!

 乾燥のひどい肌は敏感になっているので、汗や汚れや服がこすれるなどの刺激で、かゆみがひどくなったり他のトラブルへと発展することもあります。肌への刺激はなるべく減らすことが大切です。

 かゆいところを何度もかいていると、皮膚が傷ついて、ますます乾燥したり、炎症を起こしたりして悪循環に陥ってしまいます。かゆくても掻きむしってはいけません。
 特に肌に直接触れる衣類は、洗濯でかなり傷んだ肌着とか肌に刺激を与えるものは避け、天然素材で吸湿性の良いものを着るようにするといいですね。
 また、洗剤に含まれる石油系の界面活性剤が体のかゆみの原因だったということもありますので、注意が必要です。
 さらに、部屋の湿度に気を配りましょう。

エスティーモイスチャー 【保湿用クリーム】
お風呂でボディケアをハスリンガー【ボディローション保湿用クリーム250ml全2種類】
故ダイアナ妃も愛用 薬用JURUA ジュルア ハニー石鹸2個セット


~日常生活の注意点~
 ・暖房器具による乾燥を防ぐ
 ・入浴方法を見直す
 ・食生活の注意

 エアコンなど暖房器具を過度に使用すると、空気が乾燥します。室内の湿度を50~60%程度に保ちましょう。低すぎる場合は加湿器を用いたり、洗濯物を部屋に干すのもよいでしょう。
 お風呂で熱い湯に長く入ると、皮膚膜などが壊れて皮膚の保湿機能が低下します。38~40℃くらいのぬるめの湯にして、長湯をしないようにします。保湿効果のある入浴剤を入れるのもよいでしょう。また、入浴後は体を拭いてからできるだけ早めに保湿剤を塗り、水分を肌にとどめるようにしましょう。
 血行がよくなるとかゆみが増すので、血液循環がよくなるお酒や辛いものは、とり過ぎないようにしましょう。

 日常生活のなかで保湿剤を使うなどして乾燥を防ぐことが大切になります。保湿剤を使ってもかゆみがなかなか治まらなかったり、かゆみが全身に広がるようであれば、一度皮膚科専門医を受診し、かゆみの原因を調べてもらいましょう。
Copyright © 健康と病気について~ニュースより~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。