スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新生児ICU5割で妊婦たらい回しを防げ
妊婦が複数の病院から受け入れを拒否されるという「妊婦たらい回し」が相次いだことから、厚生労働省は、全国の新生児集中治療室(NICU)を最大5割増やすなどの改善策を打ち出している。12月19日付の読売新聞に掲載された。

厚生労働省の有識者会議において、国がこれまでは出生1万人あたり20床としていたNICUの必要数を25~30床へと増やし、最大5割増床することで、報告書案が大筋合意に至ることになった。

会議では他にも、24時間いつでもコーディネーターが搬送先を探してくれる情報センターを各都道府県に設置することが提案されるなど、周産期医療と救急医療の改善対策が打ち出された。最終会合で正式決定され次第、研究班を作るなどして具体化が進められていく見通し。
スポンサーサイト
「産科救急体制の整備を」学会など厚労相に要望
花粉症必見!費用・時間をかけず副作用もなし、アレルギー性鼻炎をある瞬間からピタッと解消したノウハウとは?
 ↓ ↓ ↓
ど素人でもウソみたいにスッキリ、アレルギー性鼻炎解消法

 日本産科婦人科学会と日本産婦人科医会は7日、奈良県や千葉県で妊婦の搬送先が見つからない問題が相次いだことを受け、舛添厚労相に面会し、産科救急医療の体制を整備するとともに、産婦人科医不足問題にも対応することなどを求めた。舛添氏は「産科医不足は最大の問題だと考えている。全力で取り組む」と答えた。

 また、産婦人科医会は都道府県支部に、地域の周産期医療のネットワークが十分に機能しているかどうか検証するための調査を行い、問題点などをあげてもらうよう求めたことを明らかにした。

(引用:asahi.com)

 舛添厚生労働大臣の手腕が試される重要事項が多い中、本当にやっていけるのだろうか?
 舛添氏は、判りやすいように、はっきり物を言うから期待している。しかし今までは評論家で良かったが、これからは実際にやっていかないと…。不安も大きい。

腰痛治療の名医を始め、数多くの専門家も絶賛している方法です!
 ↓ ↓ ↓
フジテレビ・スーパータイムで「体が10年若返る!」と放映された、衝撃の健康法とは・・・

Copyright © 健康と病気について~ニュースより~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。