スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インターネットを安全・安心に利用するためのポイント
インターネットを安全・安心に利用するためのポイントをお知らせします。

○ 子どもに携帯電話やスマートフォン、ポータブルゲーム機を持たせるときは、プレゼントやご褒美としてではなく、「何のために必要なのか」、「どのように使うのか」を話し合うことが大切です。
例えば、「緊急連絡」、「(GPSによる)所在確認」、「防犯」、「学習のための調べ物」といった利用目的を、あらかじめ子どもと話し合って決めておくことなどが有効です。
また、子ども自身に「携帯電話やスマートフォンを持つ必要性と責任」を自覚させるために、インターネットの特徴や有害情報の危険性、個人情報を守る必要性を保護者から説明し、本人に危機意識を持たせるようにしましょう。
最初のうちは、子どもの携帯電話などの利用を保護者が見守りながら、子どもがインターネットを利用する際のマナーや安全に利用するための知識を身に付けられるようにしましょう。

○ 子どもが携帯電話やスマートフォンを利用する際には、有害情報へのアクセスを制限する「フィルタリング」を活用しましょう。
それによって、出会い系サイトやアダルトサイト、暴力的な表現のあるサイトなどを、子どもが閲覧できないようにしましょう。
※スマートフォンを子どもに使わせる場合は、携帯電話会社やフィルタリングソフト事業者などが提供するフィルタリングアプリや機能制限アプリをあらかじめインストールしておきましょう

○子どもが、携帯電話やスマートフォンで上手にインターネットを活用できるようにするために、家庭のルールをつくりましょう。
ルール作りには保護者の一方的な押しつけではなく、子どもと一緒になってルール作りの必要性から、利用目的や利用場所・時間帯を話し合って決めることが大事です。


【携帯電話などを子どもに持たせるときに気をつけたいこと】に戻る
スポンサーサイト
携帯電話などを子どもに持たせるときに気をつけたいこと
★携帯電話やスマートフォンを子どもに持たせるときは、子どもと一緒になってルールを作りましょう。★

携帯電話やスマートフォン、タブレット端末、ポータブルゲーム機や音楽プレーヤーなどの普及により、最近では、多くの小学生が自分の携帯電話などを持ち、調べ物、ゲームなどを利用しています。
その一方で、有害情報サイトなどにアクセスし、犯罪や架空請求等のトラブルに巻き込まれる相談が消費生活センターにも寄せられています。

インターネットのトラブルは、掲示板での書き込みやメールでの誹謗中傷、いじめ、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などに載せた個人情報の流出、SNSを通じて知り合った人からの誘い出しによる性的被害などがあります。
また、無料ゲームサイトでの有料課金、いたずらによる犯行予告など、SNSや無料通話アプリ、コミュニティサイトについても利用方法を誤ると、様ざまなトラブルが発生しています。

続き【インターネットを安全・安心に利用するためのポイント】を見る
Copyright © 健康と病気について~ニュースより~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。